Posted in WordPress and tagged .

【絵動解析】便利なWordPressプラグインのご紹介【第七弾】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEVER

こんにちは、FCめがぶーの宗岡(@pre_muneoka)です。
先日、事前に知らされずドカ盛りのとんかつ屋に連れて行かれて死ぬ思いをしました。
いやー味は非常にいいのですがどう見ても3人前です。

僕を誘った仕事関係の方はニヤニヤしていましたが、最終的に体調を崩していました。
因果応報ですね。

①【祝リニューアル】WordPress的解析ご報告【絵動 -kaiDo-】
②【絵動解析】使用プラグインのご紹介【第二弾】
③【絵動解析】使用画像系プラグインのご紹介【第三弾】
④【絵動解析】WordPressプラグインのご紹介【第四弾】
⑤【絵動解析】使用WordPressプラグインのご紹介【第五弾】
⑥【絵動解析】便利WordPressプラグインのご紹介【第六弾】
⑦【絵動解析】便利なWordPressプラグインのご紹介【第七弾】

長らく続いたこの企画も本日で終了です!
今後、プラグイン紹介などは建設中の宗岡個人サイトで行うのでよろしくお願い致します。

この企画の最終確認!

絵動 -kaiDo-のサイトで使用している便利プラグインをご紹介。
画像系プラグインから基本的なプラグインまで幅広くご紹介をしています。
実際に、どのように使用されているのか絵動 -kaiDo-のサイトでご確認ください!

PS Auto Sitemap

人間様用にサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。
絵動 -kaiDo-ではこのページがサイトマップになります。
Google用にサイトマップを生成する「Google XML Sitemaps」と併用すると幸せになれます。

ポイント!
①導入すると見たい内容の検索が楽になる!
②SEO的にも効果があると言われている!

導入方法

いつも通りに管理ページのサイドバーにある「プラグイン」→「新規追加」→「PS Auto Sitemapで検索」
これで簡単にインストールが可能です!

インストール後に、サイドバー「設定」→「PS Auto Sitemap」で設定が可能です。

使い方&設置方法

①サイトマップを掲載するページを作成
PS Auto Sitemap-1

ページの名称やパーマリンクは自由で大丈夫です。
このページに下記のコードをコピペして貼り付けてください。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

これで一回保存します。
試しにプレビューをしてみても何も掲載されていないはずです。
さらに設定を続けましょう。

②ページのIDを調べる&設定する
サイドバー「設定」→「PS Auto Sitemap」で設定ページを確認しましょう。

PS Auto Sitemap-2

この設定ページでは非常に重要なのが「サイトマップを表示するための記事」の部分です。
この部分に先ほど①で作ったページのIDを記入します。

IDの調べ方ですが簡単な方法として
固定ページ→固定ページ一覧→先ほど作成したページにカーソルを合わせる
これで確認が可能です。

PS Auto Sitemap-3

これはGoogle Chromeで調べた際の画像ですが赤枠の部分に数字が入っています。
この数字が固定ページのIDとなります。

調べたIDを「サイトマップを表示するための記事」に書きましょう。
これで保存を押せばサイトマップが表示されるようになります。

③細かい設定を行う
PS Auto Sitemap-1

この部分で設定の変更が可能です。
自分好みにカスタマイズを行いましょう。
表示された際のビジュアルの変更はスタイルの変更で行うことが可能です。
また、制作者リンクの表示を非表示にした方がいいと思います。

絵動 -kaiDo-のサイトマップでは「ビジネス」を選択しています。
試しに見てみて下さい。テーマにあったサイトマップデザインを選択しましょう。

Dynamic To Top

Dynamic To Top

クリックをするとページのトップまで移動してくれるボタンの配置が可能になります。
最近ではテーマにもともと入っている場合が多いですがない場合は導入しましょう。
ユーザービリティの向上のために設置をしましょう。

ポイント!
①ワンクリックでトップまでいけるのでユーザービリティが上昇
②配置やデザインのカスタマイズが可能

導入方法

いつも通りに管理ページのサイドバーにある「プラグイン」→「新規追加」→「Dynamic To Topで検索」
これで簡単にインストールが可能です!

インストール後に、サイドバー「外観」→「To Top」で設定が可能です。

使い方&設置方法

Dynamic To Top-1

残念ながら設定画面は全部英語表記です。
細かく解説をしていきます。

Behavior
表示場所や表示方法などの設定になります。

・Scroll time:移動時の時間設定
・Fade-in distance:ボタンが表示されるタイミング。トップからpxで指定。
・Easing:戻る際の動きの設定。「Linear」は滑らかに、「Bounce」は弾むように移動。
・Position:ボタンを配置する位置。top left、top light、bottom left、bottom lightから選択。
・Prevent on mobile:モバイルサイトでの表示に関して。無効にしたい場合は「YES」で。

Appearance
表示されるボタンのデザインになります。

・Text version:ボタンに文字を入れたい場合は【YES】で。
・Button text:表示させたいテキストを入力。絵動では「Go To Top」と表記。
・Top/bottom padding:ボタンの縦幅の調整。
・Sides padding:ボタンの横幅の調整。

—Text versionを設定した場合は調整・開始—
・Font size:フォントサイズの設定。サイズ次第でボタンの大きさも変わる。
・Text color:テキストの色。
・Bold Text:テキストを太字にしたい時は【Yes】にチェック。
・Text shadow:テキストに影を付けたい時は【Yes】にチェック。
・Text shadow color:テキストの影の色。
—Text versionを設定した場合は調整・終了—

・Background color:ボタンの色。
・Border color:ボタンのボーダー色。
・Border width:ボタンのボーダー幅。
・Border radius:ボタンの角丸設定。
・Inset highlighting:ボタンのハイライト。
・Shadow:ボタンの影。

設定したボタンのデザインは「Preview over black, grey or white.」に表示されます。

Dynamic To Top-2

デザインを確認しながら変更可能なのは非常にありがたいです。
テーマにあったボタンを作成しましょう。

そんな訳で紹介企画も終了!

本日は2個のプラグインをご紹介しました。
・PS Auto Sitemap
・Dynamic To Top

全7回。計12個のプラグインを紹介しました。
どうでしょうか、参考になったでしょうか?
今後はプラグインやオススメのテーマを宗岡の個人ブログでご紹介していきます。
どうかよろしくお願い致します!

イベント直前!!

イベント:コミックマーケット85(公式WEBサイト→http://www.comiket.co.jp/
日時:2013年12月31日(火)  コミケ3日目
場所:東京ビッグサイト 西地区“ね”ブロック-11b
販売物:合奏魂
イベント価格:1,000円での販売になります

詳しいブースはtwitcmapでご確認ください!

会場でお待ちしております!!
ではでは本日はこの辺で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの人気記事もどうぞ

まだデータがありません。

Posted in WordPress and tagged .

コメントはお気軽に