カテゴリー WEB企画 タグ .

minority

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEVER

制作のアレコレ第2章、今回のテーマは「ゲームの企画」に関してです。
新人総務の岡です。

さて、これから「ゲームの企画」に関して私総務の立場から文を書くわけだが、
書くにさしあたり困っている。

ペットボトルにイチモツを入れ、壁から抜けられなくなった井沢ばりに
困っていると言えばわかり易いだろうか、かえってわかりにくいであろうか。

要は大して困ってももいないのだろうと取れなくもないのだが、
何せ私は本サークルにおいて「ゲームの企画」に係わったことがない。
また今後具体的に係わる予定も特にない。

よって今回のテーマについて特に書くこともないのである。

ここで今回の投稿を終了させたい気持ちも山々だが、
井沢ジョーひろみが壁として生きていくことを一時は決意したように、
私もまた本テーマに関して駄文を書こうと思う。

先ほど総務として企画には係わらないと述べたが、
それは他のメンバーの手腕を十分に信頼しているからであり、
同時に企画に対しあまり感情移入しないほうが、
複数の案件を抱えた際、総務として事務的な作業は行い易いからである。

そうした総務としてのスタンスを踏まえた上で尚、
私が今後企画に係わるとしたら、あえて少数派の意見を述べることくらいである。

全体の流れを殺ぎかねないもので、そもそも不要である可能性もあり、
かつ私にそんな権限などないことは承知の上で、
勢いのあまり盲目しないように、
個人の主観云々ではなく、相対的な意見として、
反対意見が他からでなかった時のためのものである。

もちろんサークルにとって「勢い」が重要でそれを殺さない程度に留めたものではあるのだが。

国会ならば与党ではなく野党の意見である。

もっとも既にリスクヘッジができている場合もあるため、
叩かれる前提ではあるものの、
気づいたら四面楚歌、フルボッコに遭ったあげく、半べそでの撤退も覚悟せねばならない。

Green Day(チョコラータじゃないほう)の曲で「minority」というものがあるが、
その曲であるような、気軽な感じのする少数派でありたひと願う今日この頃なのである。

新人総務の岡でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの人気記事もどうぞ

カテゴリー WEB企画 タグ .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です