カテゴリー レビュー タグ , , .

同人ゲームレビュー サンクリ52

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NEVER

「ナゾナゾ好きな人、理不尽に罵られたい人はちょっと見てみるといいかもしれません。」
同人サークルFCめがぶー、岡です。
ゲーム制作の勉強のために他サークルさんのゲームをプレイしレビューを書いてみたいと思います。
今回のレビュー作品はサンシャインクリエイション52でご挨拶させて頂いた
同人サークル「M.O.E.」様の『もえたまZ~萌える頭の超体操~』です。
(イベントよりだいぶ時間が経ってしまってのレビューで申し訳ないです(汗)

基本事項;
サークル名:M.O.E.
作品タイトル:『もえたまZ~萌える頭の超体操~』
発売イベント:サンシャインクリエイション52
HPアドレス:moe.cutegirl.jp/
体験版の有無: サイト内に作品別ページがありDL可能
作品内容:「毒舌系ナゾナゾADVゲーム」

「本質的には、ひっかけ問題やいじわる問題などの
ナゾナゾを解く、割と真面目な『頭の体操』ゲーム」、です。

作品を通して、二人の毒舌+αの萌えキャラが
ナビゲーターを務めてくれ、
様々なジャンルのパロディ的なやりとり、コミカルな対話を繰り広げてくれます。

また、一つのレベルをクリアするごとに、
ご褒美CGをゲットできるようになっております。

さて、これより下は私の個人的な感想となるわけですが、
まずプレイさせて頂くにあたり、CDジャケットを開いた所、裏表紙に

「君のゆとり脳に挑戦……!」
との文字が目にとまる。

闘争心掻き立てられるキャッチコピーにより、やってやろうじゃないかと意気込み、

エイヤッ、とCDとパソコンに入れプレイを開始したのだが…

……

はい、どうもすみませんでした。

どうやら私の脳はゆとりらしいですorz

と冗談はさておき、実際には初級から上級+まで6段階に難易度も設定されており、
またヒント(最悪の場合答えも)も見られるようになっているため、
完全に手詰まりとなることはありませんでした。

後半はなぞなぞよりもキャラに罵られるためにプレイしていたようなもんでしたね。
いや、難易度云々ではなく、それだけキャラがしっかりと作られていると感じました。

一人でプレイするも良し、職場や学校の友人、兄弟、家族(可能不可能で言えば可能?)などと一緒に問題を解くも良し。

体験版もDLできるようなので、なぞなぞ好きな方、罵られたい方はM.O.E.さんのサイトへ
moe.cutegirl.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトの人気記事もどうぞ

カテゴリー レビュー タグ , , .

コメントはお気軽に